information

2015

『ようこそドボク学科へ!』が出版されました。 中村晋一郎講師が編著を務めた『ようこそドボク学科へ!』が学芸出版社から出版されました。
主にドボク学科への進学を考えている高校生、ドボク学科へと進学した新入生を対象とした書籍ですが、ドボクに興味のある一般の方々にもお楽しみにいただける内容となっています。 当研究室から加藤准教授も執筆しています。詳細はこちら。(2015.3.26)

『レジリエンスと地域再生‐伝統知とビッグデータを用いた国土デザイン』が出版されました。 グリーン・ネットワーク・オブ・エクサレンスの研究プロジェクトの成果が、林良嗣・鈴木康弘編著「レジリエンスと地域再生‐伝統知とビッグデータを用いた国土デザイン」として、3月15日に出版されました。
当研究室の加藤博和准教授、杉本賢二特任講師、卒業生の加知範康(Dr, 現九大)、三室碧人(Dr, 現日立)も著者 に加わっています。
詳細はこちら。 (2015.3.15)

"Intercity Transport and Climate Change - Strategies for Reducing the Carbon Footprint"が出版されました。 林教授が世界交通学会(WCTRS:World Conference on Transport ResearchSociety、林が現会長)の前会長、航空部門長、そして運輸政策研究所らとの国際研究チームによって研究した成果が、Hayashi, Morichi, Oum, Rothengatter "Intercity Transport and Climate Change - Strategies for Reducing the Carbon Footprint (2014)"がSpringerから出版されました。
これは、地域間の鉄道と航空の競争と気候変動への影響を扱っており、2004年に出版された"Urban Transport and the Environment - An International perspective"が都市交通における自動車と鉄道の競争と環境影響を扱った成果と、ツインの成果として世 界でも初めて整理されたものです。 詳細はこちら。(2015.3.1)

『臨床環境学』が出版されました。 林教授と加藤准教授が著者として参加しました『臨床環境学』が名古屋大学出版会より出版されました。環境の病いとどう向き合うべきか。個別性に配慮したこれら先進的な試みを、理論と実践の両面から初めて解説しています。 詳細はこちら。(2014.10.3)