研究室について

本研究室では,材料科学分野や環境土木工学分野において高分子(バイオマス系,プラスチック系など)とコロイド(天然物(土,粘土)や人工物(ナノ粒子、ナノファイバーなど))を基盤としたマテリアルデザインと材料創製を進めています。バイオマスポリマー(キトサン,セルロース,DNA など)を中心に,環境負荷低減を目的とした環境浄化,資源回収,廃棄バイオマス資源化などグリーンな技術を開発しており,バイオベースマテリアルの新しい機能を開拓しています。また,サステナブル資源利用のシナリオを検討しながら,廃プラスチックから機能性材料への変換技術の開発にも取り組んでいます。詳しくは, 研究室紹介のポスター研究内容のページご覧ください。

ニュース

2022年12月28日 当研究室が取り組んでいる環境学研究科の地球規模課題「資源・物質循環」について2023年2月13日にオンライン講演会「資源リサイクル技術の最新動向と将来展望」を開催します。興味のある方は是非ご参加ください。
2022年10月01日 陳さん(D1)が日本学術振興会の特別研究員DC2に採用内定しました。
2022年09月16日 再生クロマチンファイバーの高次構造についての論文は Scientific reports 誌に掲載されました(Prof. Lars Nordenskiöld(Nanyang Technological University)との共同研究)
2022年06月09日 廃PETボトルから磁性マイクロ粒子吸着材料の作製について陳さん(D1)の論文が Journal of Environmental Chemical Engineering 誌に掲載されました
2022年04月19日 廃PETボトルから蛍光性ナノ材料の作製について陳さん(D1)の論文が Journal of Environmental Chemical Engineering 誌に掲載されました
2022年04月05日 新メンバー:(M1) 川手 大生、高橋 侑誠、林 欣。陳 嘉儀が博士後期課程をスタート。
2022年03月17日 持続発展学コースのホームページがリニューアルされました。
2022年03月15日 当研究グループと地球環境科学専攻の淺原先生の研究グループは、名古屋大学環境学研究科が取り組んでいる地球規模課題の「資源・物質循環」課題を推進しています。
2021年12月 当研究室の元教授・現名古屋大学名誉教授・村田静昭先生が日本化学会化学教育賞を受賞しました。
2021年12月23日 バイオマス由来高分子を用いた土壌改良技術について森川君(2021年修了)の論文が Journal of Environmental Chemical Engineering 誌に掲載されました(地盤力学・土質基礎工学グループと共同研究)
2021年12月19日 DNA・キトサンゲルおよびエアロゲルの機械的特性についての論文は ACS Applied Polymer Materials 誌に掲載されました(Prof. Shchipunov(ロシア科学アカデミ)との共同研究)
2021年11月18日 陳さん(M2)が国際学会 6th Green and Sustainable Chemistry Conference(オンライン)にて発表しました
2021年10月01日 新メンバーが加わりました:林 欣 さん(研究生)
2021年09月13日 DNAを由来する蛍光材料(バイオドット)による重金属イオンのセンシングについて王茂飛 君(M2)の論文が Biosensors 誌に掲載されました
2021年08月31日 DNAを含む核酸から蛍光ナノ材料(バイオドット)の水熱合成について王茂飛 君(M2)の論文が Nanomaterials 誌に掲載されました
2021年08月06日 DNA・キトサンゲルによる環境汚染物質の除去について森川君(2021年修了)と陳さん(M2)の論文が Gels 誌に掲載され、Editor's choice として選定された
2021年07月30日 廃PETボトルからゲル吸着剤の作製について陳さん(M2)の論文が Journal of Environmental Chemical Engineering 誌に掲載されました
2021年04月01日 新し研究プロジェクトがスタートしました:「バイオマスDNAの加熱処理によるカーボンナノ材料の作製と特性評価」
2021年03月01日 ジンチェンコ准教授の記事が環境学研究科の広報誌「環 KWAN」に記載されました
2021年01月13日 DNA・キトサンゲルについて 森川君(M2)の論文が ACS Applied Bio Materials 誌に掲載されました(増渕教授との共同研究)
2020年11月11日 森川君とジンチェンコ准教授が国際学会 5th Green and Sustainable Chemistry Conference(オンライン)にて発表しました
2020年10月01日 新メンバーが加わりました:王 燁昊さん(研究生)
2020年04月01日 新メンバーが加わりました:陳 嘉儀さん(M1)
2019年11月05日 ジンチェンコ准教授が Okinawa Colloids 2019 国際学会にて招待講演しました
2019年10月01日 新メンバーが加わりました:王 茂飛さん(研究生)
2019年04月01日 新メンバーが加わりました:森川 功規さん(M1)
2019年04月01日 研究室新しいホームページをスタートしました
2019年04月01日 工学部環境土木・建築学科を兼担することになりました
2019年04月01日 環境学研究科都市環境学専攻の旧所属の物質環境学コースは空間環境学コースと統合して、「持続発展学コース」となりました
2019年03月31日 村田静昭教授が定年退職されました
2019年03月01日 村田静昭教授の最終講義が開催されました。講演の題名は「化学におけるもの作り ―もの作りから始まった、もの作りで終わりたい―」

 

アクセス・問い合わせ

連絡先

〒464-8601 名古屋市千種区不老町 名古屋大学大学院環境学研究科

研究室

東山キャンパス 情報学研究科棟、7階、701室(ジンチェンコ)、711室(院生室)

Tel: +81-52-789-4771  内線:4771
E-mail: zinchenko(a)urban.env.nagoya-u.ac.jp